洗面台に求めるもの

洗面台に求めるもの3

2017年05月15日 18時58分

洗面台は朝をとわず毎日使うものです。
化粧をしたり、髪の毛を整えたりするためにはなくてはならないものです。
そして洗面台は、収納がたくさんできるものがいいです。
歯ブラシはもちろん、化粧水やクリームなど基礎化粧品が収納できる洗面台は本当に助かります。
扉つきの洗面台だと衛生面でも安心できるし、こまごまとしたものが整理できるので見た目もすっきりきれいです。
100円ショップから買ってきた小物入れに、化粧品のサンプルなどを入れておくとお風呂上りにいつでも使えます。
自分の気に入った洗面台だと毎日掃除がはかどります。
洗面台の周りは毎日家族の髪の毛が落ちたり、ゴミが溜まりやすいので
放っておくととんでもないことになってしまいます。

毎日こまめに掃除したがいいですね。
また、お風呂から上がって洗面台を使っているとどうしても鏡が曇ってきます。
そんな曇り防止の機能がついている洗面台は、使う人にとって本当に助かります。
今、いろいろな洗面台があります。
カフェに行ったらありそうなおしゃれな洗面台もあります。
色も赤とか黒などのきれいで見栄えのいい洗面台を置くことで今までと違った空間が作れます。
ホームセンターに行ったときに洗面台をチェックしとくのも楽しいです。



洗面台は家族が毎日使うものなので妥協せずに選んだ方がいいと思います。
おすすめの洗面台は、まず
清潔感がありシンプルなものが良いです。
棚が表に出た状態でたくさんあるとほこりがたまり掃除が大変です。
鏡の中に棚が内蔵されているものがあるのでそのようなものを選ぶといいと思います。
棚の中にはドライヤーを使う時や電動歯ブラシを充電するための電源があると便利です。
鏡は大きく、曇り止めの機能がついている方が見やすくてよいでしょう。
蛇口は整流とシャワーを切り替えられ、また節水になっているものが水道代を抑えられるのでいいと思います。
蛇口は引っ張ると伸びる仕様になっているので洗面台でシャワーをしたい人にとっては便利です。
洗面台の色ですが洗面所全体の雰囲気やお風呂場の色を考えて決めるのがいいと思います。
洗面用具や掃除道具など洗面所に置きたいものはたくさんあるので収納スペースは広い方がいいです。
また、
引き出しは奥のものまでよく見えるように完全に引き出せるものがおすすめです。
収納量が多い人はオプションで収納を増やすこともできます。
洗面台の排水溝のゴミを受ける部分は取り外しが簡単で掃除がしやすいものがいいです。
あまり溝が多すぎると掃除がしにくく黒くなるので注意が必要です。




洗顔、歯磨き、ヘアーセット…いろいろ使っていますが、やはりメイクの時に
便利な拡大鏡が付いているのがポイントです(伸縮して顔の近くまで持って来られるタイプです。)
ヘアーセットなどは大きなもので、全体が見られたほうが良いですが、
メイクの際には細かいところを見られるのが良いです。
大きな洗面台の鏡と拡大鏡を使い分けて使用しています。
それから、我が家は女子が多いので、スタイリング剤やらヘアアクセサリーやら沢山です。
収納が多く、細かいものも分けて入れられるようなカゴなどを使って収納しています。
洗面台に物が多いと、使い難いですからね。
サイドにはフックをつけて、落ちた髪などが綺麗に取れるよう、粘着テープのローラーもかけています。
実用性ももちろんですが、綺麗にする場所なので、サイドのガラスの棚にはフラワーアレンジを置いて、
雰囲気を出すようにもしています。これはお友達にも好評です。
水回りは汚れやすいので、メラニンスポンジを使いさっと洗えるようにしています。

水垢を防ぐためにも、重曹やお酢などで作った自家製の洗剤をボトルに入れてスプレーして使用しているので、
10年経つ我が家の洗面台は綺麗な方
だと思います。
家を建てる際に、洗面台は市販品ではなく設計士にオーダーしたものですので、使い勝手が良く広めに作ってあります。