洗面台に求めるもの

洗面台に求めるもの

洗面台に求める要素とは?様々な意見や感じていることをまとめてみました!

洗面台って新しくする時どうだったかな~?

実家の洗面台はずーっと変わらないけど。
洗面台が小さいめでその分、気をつけて水が飛び散らないように
するので不便といえば不便だけれど場所をとらない。
洗面台と鏡の距離があるのか、シャンプーなどしないせいか結構綺麗なままです。
蛇口も単純な水が出る蛇口とお湯がでるだけの
単純ものです。
わたしの家では子供が小さい頃は台の高さをどうするか迷いましたが子供にあわせても成長するものだから
大人の高さに、
娘二人だったので洗面台の色をピンクに。
蛇口はシャンプーしたり周りを洗ったり出来るような伸びる物を選びました。
でも 結局シャンプーはお風呂でしていますが、
女性が多いか男性が多いかで洗面所は変わってきそうです。
今の洗面台の下は2段式の引き出しで一週間分ほどのタオルや
下着シャンプーのストックなどが入れられるように成っています。
以前の物はシャンプーのストックは置けても引き出しのように成っていなかったので
タオルなどは置けず今の方が便利ですね。

家族全員のバスタオルやフェイスタオルはかなりかさ張りますし量もありますから助かってますね。
娘いわく、タオルがタップリと用意してあるとちょっとゆったりとした気分になるそうです。


私の洗面台へのこだわりは3つです。まず
一番重要なのが、照明
照明の明るさが重要で薄暗いと立っているだけで怖いのでやめてほしいです。
そしてこれは個人差があると思いますが、暖色より白色の方がいいという事。
オレンジっぽい暖色は温かみもあるし、肌をきれいに見せてくれるのでいいかもしれませんが、
私は肌質もチェックしたいので暖色の洗面台では化粧をしている場合に外に出たら
すごく化粧が濃かったり
肌色が悪かったりしてよくわからなくなります。
なので私は暖色よりも白色の方が好きです。
たまに百貨店とかホテルの洗面台で暖色を使用している所がありますが、
これは洗面台への混雑を防ぐこともあると聞いたことがあります。
暖色は肌をきれいにみせてくれるので、洗面台に立つ時間が短くなるみたいです。
次に
重要視しているのが広さです。
三面鏡になっていて、三面鏡の真ん中部分に2人少し重なってもいいので入れる広さかどうか。
これも、もちろん個人差はありますが私はたまに旦那さんと子どもと一緒に洗面台で歯磨きをしています。
三人が洗面台に写っていると家族だな、幸せだなと小さい幸せが見えるからです。
最後に、収納のしやすさ
基本的に洗面台の下の方は収納できるようになっていますが
中に仕切りも何もない状態になっているとあとから買い足さなきゃいけないので
手間でもありますし、お金もかかりますし、どうしようか考えなければなりません。
洗面台の収納スペースは絶対的に必要なので収納しやすい中身になっているかがポイントです。
以上3点が私のこだわりです。



私の家の洗面台へのこだわりは、使いやすくシンプルにという事です。まず色味は白で統一しています。
そして置くものや置き場所は指定して、物がごちゃごちゃしない様に心がけています。
掃除に関しては気付いた時にメラミンスポンジで擦りあげ、鏡は重曹スプレーを使い磨き上げています。
もう一つのこだわりは、小さいゴミ箱を置いて置く事。洗面台に立つと何かとゴミが出るかと思います。
コンタクトのゴミや、髪の毛、使い終わったメラミンスポンジやティッシュ。
全てそこにポイッとして後はまとめてゴミの日に捨ててしまいます。
中身が見えてしまうゴミ箱だと返って気分良くないので
中身が見えにくい真っ白なゴミ箱という事がこだわりの一つでもあります。
あとはティッシュケースも置いています。
普通のサイズの半分のサイズのティッシュケースを見つけたのでそれを置いています。
このティッシュはかなり使います。
その他のこだわりは自分が使うものと旦那さんが使うものを分けて置くスペースを作り
お互いにストレス無く生活が出来る様に心がけています。
掃除はやる日を決めてしまうと逆にストレスになってしまうので、
私は気軽にやろうっと気が向いた時にやってしまいます。
そのやり方で問題無く清潔に保てているので、この調子で素敵な家を作り上げています。



私は、洗面台にいくつかのこだわりを持っています。まず
三面鏡として使えるということです。
我が家で使用している洗面台は、三つの鏡の扉で構成されており、中に収納スペースがあるというものです。
その三つの鏡の扉のうち、左右の二つを開くことによって、洗面台自体が三面鏡の役割を果たしてくれます。
私は、髪の毛のセットにはかなりこだわりを持っているので、後頭部まで見渡すことのできる三面鏡は非常に便利です。
また、三つの鏡全てが扉になっているため、収納スペースがかなり多いです。
髪のセットにこだわる私は、様々なヘアケア商品や、ワックス等を使用するため、
たくさんの収納スペースがあることによって、以前までは壁際のちょっとしたスペースにおいていたものを
全てスッキリと収納することができるようになりました。
次に、洗面台の水を流す部分にもこだわりがあります。水が流れる部分に関しては、かなり深いものを選びました。
これは、単純に水がはねるのを防止するためなのですが、これによって、鏡に水がかかって、
水垢の掃除をするという手間を省くことができました。
また、ドライヤーやヘアアイロンといった、電子機器に水がかかって故障させるというリスクも
減少させることができたと考えています。


洗面台

洗面化粧台